静岡新聞NEWS

浜松市、ギョーザ購入額首位陥落 総務省2019年家計調査

(2020/2/7 12:22)
餃子を買い求める来店客=7日午前、浜松市中区の遠鉄ストアフードワン東伊場店
餃子を買い求める来店客=7日午前、浜松市中区の遠鉄ストアフードワン東伊場店
浜松市と宇都宮市のギョーザ購入額の推移
浜松市と宇都宮市のギョーザ購入額の推移

 総務省が7日に公表した2019年の家計調査で、前年日本一だった浜松市の世帯当たりのギョーザ購入額が2位となり、ライバルの宇都宮市に首位の座を明け渡したことが分かった。
 調査はスーパーなどで購入した調理済みのギョーザが対象で、冷凍食品や外食は含まない。浜松市は3506円で、前年より5円増えたものの、2年連続の日本一を逃した。一方、宇都宮市は1118円増の4359円。まちを挙げたキャンペーンが奏功したとみられ、年間を通じて浜松市をリードした。3位は京都市で2790円だった。
 7日午前、中区の遠鉄ストアフードワン東伊場店で総菜のギョーザを購入した主婦(45)は「ギョーザの街というイメージがあったのでちょっと残念。来年日本一になれれば」と語った。
 市内のギョーザ愛好家でつくる「浜松餃子(ギョーザ)学会」の斎藤公誉会長は「ライバルの宇都宮市に敬意を表したい。ただ、浜松市民として引き続き大好きなギョーザを食べまくり、消費の高さをまちの魅力としてPRしていきたい」と語った。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト