静岡新聞NEWS

列車内「ゆるキャン△」世界 JR身延線、アニメ特別号初運行

(2020/2/2 08:20)
人気アニメと連動した特別列車の車内。描き下ろしのイラストで装飾されている=1日午前、JR静岡駅
人気アニメと連動した特別列車の車内。描き下ろしのイラストで装飾されている=1日午前、JR静岡駅
特別列車「ゆるキャン△梨っ子」号を見守るファン
特別列車「ゆるキャン△梨っ子」号を見守るファン

 JR東海は1日、富士宮市など富士山麓各地のキャンプ場が登場する人気アニメ作品「ゆるキャン△」をテーマにした身延線(静岡-甲府間往復)の特別列車を初運行した。静岡駅発の一番列車には全国のファンら約140人が乗り込み、特製のヘッドマークや作品にちなんだ車内装飾、声優の音声による車内放送を楽しんだ。
 特別列車は約3時間後に甲府駅に到着。東京都練馬区の男性会社員(33)は妻(26)と乗車し、「車窓の風景を見ながら作品を思い出していた。途中の停車駅の様子がアニメそのままで感激した」と振り返った。
 「ゆるキャン△」は2018年1~3月にアニメ第1シーズンを全国で放送。原作は漫画で、キャンプやアウトドア活動好きの女子高校生5人の日常を描く。20年1月には静岡放送など各局で実写版の放送が始まった。オープニング映像やドラマ中に、富士宮市の複数のキャンプ場が登場する。
 特別列車は2、8、9日も運行する。各日とも静岡―甲府間1往復で、乗車券は完売した。JR東海静岡支社の岡田弘介営業課長は「改めて作品の人気を実感した。身延線沿線の観光活性化を盛り上げたい」と語った。

 ■富士宮市観光に経済効果
 富士宮市によると「ゆるキャン△」のアニメ放送以後、市内キャンプ場の冬場の利用が増えたり、作品に出てくる観光施設の売り上げが伸びたりなどの経済効果が出ている。同市は実写版の放送開始を、市内の景観や観光資源をアピールするチャンスと捉える。
 市職員5人が、アニメ放送時に活動したPRグループ「おじキャン▲」を再結成。毎週木曜深夜の静岡放送での放送に合わせ、市内シーンの再現写真などを市のアカウントでツイッターに投稿する。1月23日の投稿は2200件以上のリツイートと「いいね」を得た。
 市情報発信課の担当者は「作品を契機に富士宮を知ってもらい、来てもらえればうれしい」と話している。

動画

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿