静岡新聞NEWS

大寒 神職ら40人「みそぎ」 浜松・天竜川

(2020/1/20 12:30)
冷たい水に漬かり、祝詞を奏上する神職=20日午前7時ごろ、浜松市東区の天竜川
冷たい水に漬かり、祝詞を奏上する神職=20日午前7時ごろ、浜松市東区の天竜川

 20日は、二十四節気で1年で最も寒い時期とされる「大寒」。静岡地方気象台によると、同日午前の静岡県内各地の最低気温は三島1・4度、静岡2・8度、浜松3・8度と平年より1~2度ほど高くなった。
 浜松市東区の天竜川では県西部地区神道青年会が恒例の「大寒みそぎ」を行った。午前7時前にみそぎ装束を着た女性2人を含む下帯姿の若手神職ら40人が集まり、準備運動に当たる「鳥船行事」で体を温めた後、次々と川に入った。胸元まで水に漬かった神職らは朝日を背に祝詞を奏上して身を清めた。
 浜松市中区の五社神社から参加した男性(37)は、みそぎを終え、「すがすがしい気持ち。今日からまた神明奉仕に励むことができる」と話した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト