静岡新聞NEWS

大だこ「大吉」炎の舞い 浜松・保泉寺で「火渡り」

(2020/1/19 08:31)
燃え盛る炎の上を舞う大だこ=18日午後8時ごろ、浜松市西区篠原町の秋葉山分院保泉寺
燃え盛る炎の上を舞う大だこ=18日午後8時ごろ、浜松市西区篠原町の秋葉山分院保泉寺

 火防の神を祭る浜松市西区篠原町の秋葉山分院保泉寺で18日夜、明治時代から続く伝統行事「火渡り」が行われた。燃えさかる炎の上を舞う大だこの滞空時間で1年の吉凶を判断する恒例の儀式。今年は「大吉」と出た。
 周囲が燃え上がる護摩木の中で白装束姿の行者が3畳ほどのたこを放つと、立ち上る熱風を受けて約6分間、宙を舞った。続いて行者を先頭に参拝者が炎の残る炭火の上を素足で渡り、無病息災や心願成就などを祈った。
 3月に高校受験を控える娘のために護摩木に合格成就と書いた伊達直美さん(41)=同市西区=は「受験まで健康でいて、頑張って合格しますようにと願いを込めた」と話した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト