静岡新聞NEWS

親しんだレーンに別れ 静岡・静活ボウル建て替え

(2020/1/6 08:11)
別れを惜しみながら一球を投じる常連客ら=5日夜、静岡市葵区七間町の静活プラザボウル
別れを惜しみながら一球を投じる常連客ら=5日夜、静岡市葵区七間町の静活プラザボウル

 映画興行などの静活は5日、1970年から営業してきた静岡市葵区七間町の静活プラザボウルの建物の解体に伴う閉店セレモニーを開催した。多くの市民や常連客が詰め掛け、ボウリングを楽しみながらほぼ半世紀にわたり慣れ親しんだ施設との別れを惜しんだ。今後はボウリング場も入った複合型エンターテインメント施設に建て替えられ、2021年内の開店を目指す。
 記念セレモニーでは白沢克也支配人が「長い間のご愛顧に感謝するとともに、最後にこのウッドレーンを目に焼き付けていただきたい」とあいさつ。投げ放題のイベントなどもにぎわい、来場者が思い出話に花を咲かせながら渾身(こんしん)の一球を投じた。
 オープン当初から通っていたという男性(73)=同市駿河区=は「友人との思い出が詰まった施設がなくなるのは寂しいが、新装開店を楽しみにしている」と話した。
 新施設は地下1階、地上2階建て。体験型の映像イベントが楽しめるホログラムシアターやアミューズメントテナントなどの出店を予定している。ボウリング場には最新のレーンとマシンを導入し、ダイニングエリアも併設する。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿