静岡新聞NEWS

つけナポ参戦、岳鉄もPR 23、24日にB―1グランプリ

(2019/11/15 07:50)
ミニトレインの運行テストを行う富士つけナポリタン大志館のメンバーら=富士市内
ミニトレインの運行テストを行う富士つけナポリタン大志館のメンバーら=富士市内

 富士市のご当地グルメ「富士つけナポリタン」の普及を進める有志の団体「富士つけナポリタン大志館」は23、24の両日に兵庫県明石市で開催される「2019B―1グランプリin明石」で、地元のローカル鉄道「岳南電車(通称・岳鉄)」をPRをしようと準備を進めている。
 鉄道愛好家を中心に知名度が高まる岳鉄を、ご当地グルメを求めて列を成す来場者にアピールし、富士市への誘客を狙う。
 会場では、つけナポブースの列の横に「フジレールクラブ」の8分の1スケールのミニトレインを走らせる計画。沿線全ての駅から富士山が見えるロケーションを紹介するため全10駅から撮った富士山の写真パネルを展示する。同社の硬券を譲り受け、切符を切ってプレゼントする。
 同団体のB―1グランプリ参戦は6回目。ここまで大掛かりなPR展開は初めて。8日はミニトレインを走らせる手順のリハーサルをした。大志館代表の小岱亜希さんは「つけナポは富士の魅力を発信するツール。待ち時間を使った岳鉄のPRで富士市に足を運ぶきっかけになれば」と意気込む。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト