静岡新聞NEWS

11月11日「静岡サッカーの日」 県協会制定、伝統を次世代へ

(2019/11/12 07:34)
サッカーを取り巻く環境について語る荒谷潤氏=11日午後、静岡市清水区のマリナート
サッカーを取り巻く環境について語る荒谷潤氏=11日午後、静岡市清水区のマリナート
静岡サッカーの魅力を伝えるラジオ番組の3局同時生放送=11日午後、静岡市葵区
静岡サッカーの魅力を伝えるラジオ番組の3局同時生放送=11日午後、静岡市葵区

 静岡県サッカー協会は11月11日を「静岡サッカーの日」と制定し、同日、静岡市清水区のマリナートで、荒谷潤日本サッカー協会技術部長の記念講演会を開いた。県サッカー協会が展開する「静岡サッカーのあゆみ百年祭」の一環で、県内の小学生指導者約120人が耳を傾けた。
 荒谷氏は「『子どもたちの成長を大切に思う』環境づくりに必要なこと」の題で話した。サッカー日本代表がロッカールームを清掃して世界から称賛されたエピソードなどを映像で紹介。フェアプレー推進活動や指導者の暴力問題などにも触れ、「これまで大切にしてきた静岡の伝統を次の世代につないでほしい」と語り掛けた。
 県サッカー協会の竹山勝自副会長は「サッカーは1チーム11人。イレブン(11)にちなみ、11月11日を静岡サッカーの日とした。来年以降、多彩な行事を企画していければ」と話した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト