静岡新聞NEWS

歌川広重の絵巻、原寸大で復刻展示 静岡県立大付属図書館

(2019/11/6 07:48)
寄贈された絵巻を鑑賞する尾池和夫理事長(右から2人目)と鬼頭宏学長(右)=静岡市駿河区の県立大
寄贈された絵巻を鑑賞する尾池和夫理事長(右から2人目)と鬼頭宏学長(右)=静岡市駿河区の県立大

 データプリントサービスなどを手掛けるトッパン・フォームズ(本社・東京)が県に寄贈した歌川広重の浮世絵「保永堂版東海道五拾三次」の復刻絵巻がこのほど、静岡市駿河区の県立大付属図書館に展示された。
 絵巻は米国のボストン美術館が所蔵する未公開作品を原寸大で復刻したもの。深みのある青色を始め、浮世絵ならではの繊細な色彩が忠実に再現されている。
 尾池和夫県公立大学法人理事長は式典で、浮世絵には県内の22カ所の宿が描かれていることに触れ「静岡にとって特別な作品。図書館で学生が見られることはありがたい」と感謝した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト