静岡新聞NEWS

三島の小1、ランバイク・アジア杯で優勝 6歳クラス日本代表

(2019/8/9 09:46)
ランバイクのアジアカップで優勝した桑原大我君(右)=7日、三島市
ランバイクのアジアカップで優勝した桑原大我君(右)=7日、三島市

 足で地面を蹴って走るランバイクのアジアカップで、日本代表として6歳クラスに出場した三島市立中郷小1年の桑原大我君が優勝した。国内で年間12レースを戦う全日本ランバイク選手権シリーズでは現在1位。大舞台でのレースにも「緊張しない。速く走れるのが楽しい」と練習に励んでいる。
 アジアカップは7月に中国・北京で開催され、6歳クラスには各国から72人が参加した。予選、準決勝、決勝を行い、直線とカーブを織り交ぜた250メートルのレースで順位を競った。桑原君は予選のレース序盤に転倒して一時最下位になったが、巻き返して3位で準決勝に進出。決勝ではスタートからトップに立ち、危なげなく優勝を果たした。
 ランバイクを始めたのは4歳のころ。清水町で開かれたランバイクのレースを見て興味を持ったのがきっかけという。現在はチーム「ファーストキッズIZU」で練習しているほか、県外のチームにも出向いて実力を高めている。
 ランバイクの大会で表彰対象になるのは9歳の誕生日まで。最近は陸上競技の練習にも熱中しているという。桑原君はランバイクの国内シリーズで「今年のチャンピオンになりたい」と目標を語る。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト