静岡新聞NEWS

伊豆急100系最終運行 7月7日に下田駅でイベント

(2019/6/18 11:55)
7月7日に引退する伊豆急行の100系車両「クモハ103」
7月7日に引退する伊豆急行の100系車両「クモハ103」

 伊豆急行(本社・伊東市)は7月7日、同日限りで引退する100系車両「クモハ103」の最終イベントを伊豆急下田駅で開催する。今月21日まで、最終運行の乗車希望者を募集している。
 イベント当日は午前8時50分から10時10分に、無料の車内見学会を計8回実施する。1回の定員は先着20~25人。最終運行は伊豆急下田-片瀬白田駅間を往復する。時間帯に応じて伊豆急下田駅構内で撮影会を行ったり、稲取貨物線に乗り入れたりする四つのプランがある。各プランとも定員50人で、大人5千円、子供4500円。同社公式サイトから申し込む(応募多数の場合は抽選)。
 100系は1961年の開業から活躍した車両。2002年に1度引退したが、開業50周年の11年に1両だけ復活した。今回は安全設備の更新が困難なため完全に引退となる。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト