静岡新聞NEWS

「おいそぎ窓口」好評 静岡・葵区役所保険年金課に昨年設置

(2019/5/16 07:45)
静岡市葵区役所保険年金課が設置している「おいそぎ窓口」=静岡市役所静岡庁舎
静岡市葵区役所保険年金課が設置している「おいそぎ窓口」=静岡市役所静岡庁舎

 静岡市葵区役所の保険年金課が昨年末に設置した「おいそぎ窓口」が、来庁者の待ち時間短縮に効果を上げている。書類提出に特化した窓口で、混雑状況によっては30分近く時間短縮できる場合もあり、来庁者から好評を得ている。
 同課は国民健康保険(国保)の加入・脱退、高額療養費の支給申請などの窓口業務を担う。繁忙期には1日500人以上が訪れることもあり、待ち時間の長さが課題になっていた。
 おいそぎ窓口は、国保脱退手続きが対象で、個別の説明を必要とせず、書類提出のみを希望する来庁者を受け付ける。同課の調査では、繁忙期や混雑時間帯は、待ち時間と窓口対応時間を合わせて約30分かかっていたが、同窓口の利用者は計約3分で済んだ。来庁者アンケートでは、すべての同窓口の利用者が「また利用したい」と答えたという。
 考案したのは、同課の若手・中堅職員5人でつくる業務改善プロジェクトチーム。手続きをすれば、行列に並ばなくてもアトラクションに乗れるテーマパークの制度からアイデアを得た。庁内でも評価され、昨年度、市の「ベストカイゼン賞」に選ばれている。
 同課の青木陽一郎課長は「来庁者からも好評なので、このまま続け、国保脱退以外の手続きにも広げたい」と話した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト