静岡新聞NEWS

ロボット新ブランド「ティタノマキア」 静岡ホビーショーで発表

(2019/5/8 19:15)
新ブランド「ティタノマキア」のプラモデル「1/48 グリムリーパー エーデルシュタイン」の試作品=8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
新ブランド「ティタノマキア」のプラモデル「1/48 グリムリーパー エーデルシュタイン」の試作品=8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
青島文化教材社や寿屋などが展開する新ブランド「ティタノマキア」=8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
青島文化教材社や寿屋などが展開する新ブランド「ティタノマキア」=8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡

 青島文化教材社と寿屋などは8日、共同展開するオリジナルロボットの新ブランド「ティタノマキア」を静岡ホビーショーで発表した。
 >アットエス 静岡ホビーショー特集(写真速報)
 「ティタノマキア」はプロモデラーのNAOKI氏(東京都)が企画や世界観などのプロディースを担当し、青島文化教材社と寿屋のほか、アゾンインターナショナル、ゴッドハンドなど8社が展開する新プロジェクト。NAOKI氏によると、世界観やストーリーに加え、各メーカーが開発する新製品は今夏以降、明らかになる見込みという。静岡ホビーショーでは、青島文化教材社がロボットのプラモデル「1/48 グリムリーパー エーデルシュタイン」と「1/48 リーパー フェンリル」を参考展示。寿屋はキャラクターのプラモデル「1/12 ストラトハウンド」、「1/12 ゲイルハウンド」を発表した。いずれも発売時期や価格は未定。
 青島文化教材社の担当者によると、エーデルシュタインはフェンリルに組み替えられるキットという。寿屋の担当者によると、キャラクターのプラモデルには拡張性を持たせ、様々なオリジナルキットと組み合わせられるという。寿屋の担当者は「自由度が高いキットにして、改造することも遊び方として提案していく」と話した。両社とも会場に試作品やイラストなどを展示している。
 NAOKI氏は「オリジナルコンテンツは自由度が高い。ユーザーが自由に遊べるような商品化を各社に協力してもらっている」と話した。
 オリジナルロボットの分野では、バンダイスピリッツも「自分だけの量産機を作り出せ」とのコンセプトで新ブランド「30ミニッツミッションズ」の新作を多数出展。担当者によると、製品は30分程度で組み立て可能。新ブランドの製品同士でパーツを組み替えることもでき、機体の形状や武装のカスタマイズが楽しめるという。

キャラクターのプラモデル「1/12 ストラトハウンド」、「1/12 ゲイルハウンド」の試作品=8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
キャラクターのプラモデル「1/12 ストラトハウンド」、「1/12 ゲイルハウンド」の試作品=8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
バンダイスピリッツが出展している「30ミニッツミッションズ」のプラモデル=8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
バンダイスピリッツが出展している「30ミニッツミッションズ」のプラモデル=8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト