SHINCOQ(三島市) 天然素材でアロマ開発【しずおかMIRUIプロジェクト】

 ペパーミントやラベンダーなどの天然素材100%のアロマオイルを2018年に開発した。「SHINCOQ(シンコキュウ)」のブランドで、毎日使うハンドソープなどの新商品づくりを進める。

天然植物素材で作るアロマ製品
天然植物素材で作るアロマ製品

 代表の田中千代さんは、雑貨販売業で慌ただしい日々を過ごす中で自然療法に出合い、アロマセラピーを本格的に学んだ。「自分が元気になったように、香りでリラックスできるような商品を作りたい」と考えて開業にこぎつけた。
 「生活の中で大きく吸い込みたくなるような香り」をコンセプトに、カーテンなどに吹き付けて香りを楽しむアロマミストや、手首などになじませるせっけん状の練り香水を開発。国内外約20店舗で販売されている。
 ガラスの容器でシトラスやシナモンリーフなど多様な香りを混ぜ、試行錯誤の末に配合を考案する。
 新型コロナウイルス感染拡大により自宅で過ごす時間が増える中で、居住環境の向上を考える世帯が増えていくとみている。
 2月以降にラベンダーやグレープフルーツなどの精油を使ったハンドジェルやハンドソープ、マスクミストを新たに発売する。50~100ミリリットル入りで、価格は1650~2750円。店頭販売とネット通販で扱う。
 クラウドファンディングで集めた資金は、商品開発や電子商取引(EC)サイト立ち上げなどに活用する。
 田中さんは「日常の中で少しぜいたくな時間があってもいい。自然な香りでリフレッシュしてみては」と語る。県産のミカンや花き、樹木を使った新商品開発も検討している。

 クラウドファンディング
 目標額 10万円
 返礼品 アロマ製品
 (2月に終了予定)  

 ◇事業所概要
 創業2018年

いい茶0
メールマガジンを受信する >