リニア反対署名 大学生ら静岡県知事に提出【大井川とリニア】

 静岡県内の大学生や高校生でつくる環境活動グループ「フライデーズフォーフューチャー静岡(FFF静岡)」などが12日、JR東海のリニア中央新幹線整備に反対する1637人分の署名を川勝平太知事に提出した。

川勝平太知事(左)に署名を手渡す高井渚沙さん(左から2人目)ら=12日、県庁
川勝平太知事(左)に署名を手渡す高井渚沙さん(左から2人目)ら=12日、県庁

 県庁でFFF静岡の高井渚沙さん(22)=県立大4年=と、署名活動を共同で展開した国際環境NGOのメンバーらが署名簿を手渡した。リニア工事に伴う水資源や南アルプスの環境に影響が生じないよう問題点や必要性の検証を求める内容。
 高井さんは「若い世代はこれから環境問題に直面する。リニア問題を通して環境を視野に入れた経済発展が必要との議論が深まってほしい」と述べた。川勝知事は「リニア開発の技術を生かすことと、南アルプスの自然環境保護をいかに両立させるのかを考えることが大切」と応じた。
 FFF静岡などは「リニアのいらない未来プロジェクト」を立ち上げ、昨年11月からオンラインでリニア工事に伴う水資源や自然環境への影響について意見交換するイベントを開き、署名活動を行ってきた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ