湧水静岡県外流出 国会議「流量維持と認めず」【大井川とリニア】

 リニア中央新幹線工事に伴う大井川の流量減少問題を議論する国土交通省専門家会議(座長・福岡捷二中央大教授)で委員を務める森下祐一静岡大客員教授は8日、トンネル湧水が静岡県外に流出しても導水路トンネルから別区間の湧水を戻せば中下流域で河川流量が維持されるとした7日の同会議でのJR東海による説明について、専門家会議として認めてはいないとの認識を示した。
 県庁で開かれた県有識者会議「環境保全連絡会議」の生物多様性専門部会に出席した後、取材に答えた。
 7日の会議後、委員が別室で協議して作成した文書「座長コメント」は、導水路トンネルで別の区間の湧水を戻せば、中下流域の河川流量が維持されると受け取れるような内容となった。しかし、森下氏は「(協議時に)会議として認めたとは書かないでくれと言った。JR東海の主張を承りましたという文章になっている」と説明した。
 また、座長コメントの在り方について「いかがなものか」と問題視し、国交省が会議後に公表する議事録を重視するよう求めた。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0