「渇水期の流量予測を」 委員の指摘相次ぐ、国交省専門家会議

 リニア中央新幹線工事に伴う大井川の流量減少問題で、焦点の一つになっているトンネル湧水の県外流出について議論した7日の国土交通省専門家会議。JR東海は同社と静岡市がそれぞれ行った流量予測を比較しながら影響について説明した。これに対し、委員からは渇水期の流量予測がされていないとの指摘や突発湧水の評価が不十分だと批判が相次いだ。
 JRは導水路トンネルなどでトンネル湧水を戻せば、導水路の出口が設けられる椹島(さわらじま)より下流では河川流量が維持されると説明した。沖大幹委員(東京大教授)は「河川流量は季節変化が大きく、冬の渇水期に(工事で)何が起こるのかを示した方が利水者が安心できる」と指摘した。今回の予測はあくまでも「一定量の雨が降った」場合の予測で「(流量が)減らないと強調することは誤解を生む」とした。
 JRはこれまで、工事中、突発的にトンネル内に湧き出してくる水は「表現できない」としてきたが、今回の予測ではトンネル湧水の総量に含まれるとした。JRが湧水量の試算に使った透水係数(水の浸透しやすさを表す)について、森下祐一委員(静岡大客員教授)は「県境付近の断層を過小評価している。透水係数はもっと高い可能性がある」とし、試算し直すよう求めた。
 これに対し、JRの二村亨中央新幹線推進本部次長は「透水係数は実際の河川流量と整合するように設定している」と説明した。
 この日の議論を踏まえ、福岡捷二座長(中央大教授)の座長コメントは会議後、流量の予測結果として「椹島より下流側の河川流量は戻される量を考慮すると、平均的には掘削前を下回らない」とまとめられた。
 しかし一方で、会議は渇水などの年変動の影響を含めたさらなるデータを示すようJRに求めた。想定されるトンネル湧水量や突発湧水に不確実性が伴うため、掘削方法や不測の事態が発生した場合のリスク対策を提示することも指示した。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0