JR東海・金子社長「静岡県と実務的に議論」 生態系問題巡り【大井川とリニア】

 JR東海の金子慎社長は26日の定例記者会見で、リニア中央新幹線のトンネル工事が南アルプスの生物多様性へ与える影響への対応に関し「静岡県と実務的にかみ合った議論ができている」と述べ、この問題を議論する県専門部会に向けて準備を進めているとした。
 金子社長は、JRと静岡県の間で事務レベルの打ち合わせを続けているほか、「議論がスムーズに進むように、専門部会の各委員とも(個別に)意見交換し、対応方針を説明している」と語った。
 東海道新幹線関連施設の大雨浸水被害対策も発表した。浜松市中区の同社浜松工場では、浸水被害を受けた場合に他の施設で実施できないブレーキ関連などの検査機能を維持するため、大容量電源車や新幹線の車体を持ち上げる移動式ジャッキを新たに確保する。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0