「JR東海社長、地元理解せず」島田市長が不快感 リニア問題

 リニア中央新幹線工事に伴う大井川の流量減少問題を巡って国土交通省が27日に設置した新たな専門家会議について、島田市の染谷絹代市長は28日、初会合での金子慎・JR東海社長の発言について「耳を疑うような内容。いかにJRが地元を理解していないか、という表れ」と不快感を示した。
 金子社長はあいさつの中で「県から実現しがたい課題が課せられている」「地域に特有な問題を配慮するとしても、その要求があまりにも高すぎると対応が難しくなって問題が解決しない」などと発言したという。
 染谷市長は「(あいさつによって)なぜこの大井川流域で協議が進まないのか、地元の首長がJR側と話をするに至らないか、専門家の皆さまにもご理解いただいたのでは。逆説的な意味で大変良い会議だった」と皮肉った。
 流域市町のオブザーバー参加は担当者のみとされ、染谷市長は市の担当者から内容の報告を受けたという。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0