静岡新聞NEWS

絶好の眺望、ウナギ堪能 老舗「納涼亭」、故本田宗一郎氏も【浜松・遠州ぐるっとグルメ㉜】

(2020/10/25 12:00)
香ばしく焼かれた一番人気の「うな重・竹」(奥)と頭ごと食べられるほど柔らかく煮られた名物「天竜しぶき煮」(手前)
香ばしく焼かれた一番人気の「うな重・竹」(奥)と頭ごと食べられるほど柔らかく煮られた名物「天竜しぶき煮」(手前)

 西鹿島駅から北へ徒歩約10分。天竜川を見下ろす坂の途中に、創業1927年の納涼亭は立つ。変わらぬ味と絶好のロケーションで地元客から根強い人気を集めている。
 ウナギ料理を中心に川魚料理も味わえる。一番人気はうな重の竹(税込み2860円)。休日には200杯ほど注文が入る。一度焼いたアユを昆布で巻いて半日以上柔らかく煮込んだ「天竜しぶき煮」(同880円)も看板メニューとして常連に愛されている。
 3代にわたって店と味を受け継ぐ同店。ホンダ創業者で同区(旧光明村)出身の故本田宗一郎氏も度々足を運んだという。ウナギは一度白焼きした際に独自の方法で下処理をしてから、注文ごとに秘伝タレで焼き上げる。3代目の河合悦治さん(69)は「処理の仕方は企業秘密」と笑う。娘婿の小栗健輔さん(39)とともに調理場で腕を振るう。
 河合さんは「天竜川の最高の景色を眺めながら、のんびりと味わってほしい」と話す。
 ▽店舗情報 浜松市天竜区二俣町鹿島1の10 <電053(925)2238>。月曜定休

祖父から受け継いだ製法を守り続ける3代目の河合悦治さん(奥)と娘婿の小栗健輔さん(手前)=浜松市天竜区二俣町鹿島の納涼亭
祖父から受け継いだ製法を守り続ける3代目の河合悦治さん(奥)と娘婿の小栗健輔さん(手前)=浜松市天竜区二俣町鹿島の納涼亭
遠州鉄道、天竜浜名湖鉄道 西鹿島駅
遠州鉄道、天竜浜名湖鉄道 西鹿島駅

浜松・遠州 ぐるっとグルメの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿