静岡新聞NEWS

静岡県国土強靱化、初改定 行動計画作成や防災講座

(2020/3/24 16:00)

 静岡県は23日、国土強靱(きょうじん)化推進本部会議(本部長・川勝平太知事)を県庁で開き、県国土強靱化地域計画を改定した。2015年4月の策定以来、初めての見直し。16年の熊本地震や18年の西日本豪雨災害などを踏まえ、水害対策としてマイタイムラインの作成推進や、防災人材を育成するジュニア防災士養成講座の実施などを盛り込んだ。
 マイタイムラインは豪雨災害を想定し、各個人があらかじめ定める行動計画。市町に対し、防災講座の開催時などに住民に向けて計画作成を促すように働き掛ける。ジュニア防災士の養成講座は20年度から県内全中学校で開催を予定し、地震や津波などの基礎知識を学んでもらう。
 18年の台風24号によって県内で発生した大規模停電の教訓を踏まえ、電線に接触する恐れがある樹木を予防伐採する市町への財政支援や緊急輸送路など防災上重要な道路沿いにある建築物の耐震化促進も明記した。これらの対策の達成時期や数値目標を入れた地震・津波対策アクションプログラムも改定した。

防災・減災の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト