静岡新聞NEWS

災害時の要支援者避難 掛川、菊川市と中電協定

(2019/12/26 07:46)

 掛川市と菊川市は25日、それぞれ中部電力と原子力災害時における避難行動要支援者の安全確保に関する協定を締結した。御前崎、牧之原両市に続き協定締結自治体は4市になった。
 掛川、菊川両市は浜岡原発の重大事故発生時に備えた広域避難計画を策定済み。ただ、高齢者や障害者など移動に困難を伴う住民の避難には多くの課題があり、今後中電の協力を得て実効性向上の取り組みを進める。
 中電が福祉車両を貸与して運転員や介助員を確保したり、情報連絡の要員を派遣したりするなど、具体的な連携の仕組みを今後検討していく。災害時を想定した訓練も合同で実施する。

防災・減災の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト