静岡新聞NEWS

下田灯台7月22日に廃止 西側防波堤灯台は時期再検討

(2019/7/5 08:02)
下田港の整備計画
下田港の整備計画

 荒天時の大型船避難域を広げる目的で進められている下田港の外防波堤整備事業で、下田海上保安部は4日、同市の須崎半島にある下田灯台を22日午前11時をもって廃止すると明らかにした。
 国や県、市、伊豆漁協などで構成する下田港港湾対策協議会に報告し、了承された。2023年度に廃止するとしていた下田港西側防波堤の灯台は関係者から存続要望が強いため、廃止時期などを再検討する。
 同港の灯台は港内側の東西の防波堤の各1基と下田灯台の計3基。港湾の灯台は1基とする国の方針を踏まえ、東側灯台を外防波堤に移設し、下田灯台を今年10月ごろまでに撤去する方針。
 同港は国の避難港に指定されている。同事業を進める国土交通省中部地方整備局は、仮航路を本航路に切り替え、西側外防波堤の工事を進めると報告した。出席者から、稲生沢川から下田港に流れる土砂などへの対策について要望が出された。

防災・減災の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト