静岡新聞NEWS

金時山足柄登山道で土砂崩れ 登山道通行止め 静岡、神奈川県境

(2020/7/14 08:08)
土砂崩れが発生した金時山足柄登山道=12日、静岡・神奈川県境(小山町提供)
土砂崩れが発生した金時山足柄登山道=12日、静岡・神奈川県境(小山町提供)

 神奈川県との県境に位置する金時山(1212メートル)の足柄登山道で土砂崩れがあり、小山町は12日、同登山道を全面通行止めにした。
 町によると、土砂崩れは11日夜から12日朝までに発生したとみられる。標高1100メートルから1040メートル地点の斜面が崩落し、土砂が登山道に堆積した。
 現場は町道と神奈川県道を兼ねていて、町は同県と協議して復旧を進めるという。担当者は「かなり大掛かりな作業が必要になる。現時点で見通しは立たない」としている。
 金時山は童話の英雄「金太郎」ゆかりの山として知られ、山頂は富士山の眺望スポット。足柄登山道は2019年度、2万2700人超が登山した。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿