静岡新聞NEWS

静岡県内局地的に大雨も 土砂災害、河川の増水など警戒

(2020/7/14 07:57)

 停滞する前線の影響で、静岡県内では13日も午後から広い範囲で雨が降った。静岡地方気象台によると、14日にかけて大気の状態が非常に不安定になる見込みで、局地的には非常に激しい雨が降って大雨になるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒を呼び掛けている。
 気象台によると、静岡県内で14日に予想される1時間雨量は多い所で50ミリ。同日午後6時までの24時間予想雨量はいずれも多い所で、東部、中部、西部で250ミリ、伊豆で200ミリとしている。
 また気象台は、県内では6月25日ごろ以降に曇りや雨の日が多いため、長雨と日照不足に関する県気象情報も発表した。今後も同じ状態が10日間程度は続くとして、農作物の管理などへ注意を促した。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿