静岡新聞NEWS

吉田・工場火災 爆発直前の建物内映像公開【動画あり】

(2020/7/12 08:10)
白煙が漂う中、ライトを使って周囲を調べる消防隊員の姿を捉えた映像。右上の日時はレック子会社のある中国・上海の時間で、日本時間では2時4分(レック提供)
白煙が漂う中、ライトを使って周囲を調べる消防隊員の姿を捉えた映像。右上の日時はレック子会社のある中国・上海の時間で、日本時間では2時4分(レック提供)

 吉田町川尻の日用品メーカー「レック静岡第2工場」で5日未明に出火し、消防隊員と警察官計4人が死亡した火災で、レック(東京都)は11日、爆発が起きる直前の建物2階内部の映像を公開した。白煙が漂う中、消防隊員がライトを使って周囲を探索する姿が映っていた。
 公開したのは、2階の階段近くなどに設置された防犯カメラの映像。暗闇で火災報知機が鳴り響く中、スポンジなどが段ボール箱に入った状態で保管されている空間に白煙が漂い、午前2時すぎに消防隊員がライトを振りながら辺りを調べていた。「照明がほしい」との声も記録されていた。
 市消防局などによると、消防隊員らが屋内進入を開始したのは1時48分。2時7分に1階で爆発が発生し、2階にいた4人が取り残されたとされる。同社は公開した映像について「事実の解明に役立ててほしい」とした。
 出火直後の1階北側防犯カメラの画像も公表した。洗剤を袋詰めする南側の工場部分付近に、1時50分ごろに白煙が漂っている様子が確認された。公表しなかった1階南側の防犯カメラの画像については「2時前後に白煙が充満していたが、火は確認されなかった」という。
 同社は独自の調査委員会を社内に設置すると発表した。外部の有識者3人と社内の4人で構成する方針。「中立な立場で、出火や爆発の原因を明らかにする」と説明した。

 ■火災の工場取り壊しへ 住民説明会
 レックは11日、火災が5日未明に発生した吉田町川尻の「レック静岡第2工場」の周辺住民を対象にした説明会を町内で開き、工場を取り壊して更地にする方針を明らかにした。
 火災の経過や工場内の安全管理、今後の対応を説明した。同社によると、工場の敷地は更地にして借地契約を解消する。
 担当者は取材に「当面は同様の工場は作れない。火災原因を明らかにしてから、別の場所に安全な工場を新設できれば」とした。
 出席した60代男性は「更地にしてほしかったので納得できた」と話した。70代男性は「周辺にはレックの他の工場もある。火災原因を究明し、しっかりと対策をしてほしい」と求めた。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿