静岡新聞NEWS

国道152号で土砂崩れ、全面通行止め 浜松・龍山

(2020/7/9 12:29)
土砂崩れによって全面通行止めとなった国道152号の現場。復旧工事が進められている=9日午前9時50分ごろ、浜松市天竜区龍山町
土砂崩れによって全面通行止めとなった国道152号の現場。復旧工事が進められている=9日午前9時50分ごろ、浜松市天竜区龍山町

 浜松市天竜区龍山町の秋葉トンネル北側の国道152号で9日午前4時半ごろ、土砂崩れが発生した。市は付近の約3・6キロメートル区間を全面通行止めにした。けが人はない。
 市天竜土木整備事務所によると、土砂崩れがあった地点では8日までに斜面のフェンスに土砂がたまるなど“前兆”が確認されていた。路肩に石のブロックを積むなどして対策していたが、深夜から未明にかけての雨で崩れ、一部の土砂や岩などが路面に流れ出た。現場ではクレーン車で石のブロックを追加して積むなどの工事を進め、道路の安全を確保した上で片側交互通行での通行再開を目指しているという。通行再開時期は未定。
 迂回(うかい)路は県道大輪天竜線などを利用する。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿