静岡新聞NEWS

建物全体、焼損激しく 1階南側、重点的に検証 吉田・工場火災

(2020/7/9 07:47)

 吉田町川尻の日用品メーカー「レック静岡第2工場」で5日未明に出火し、警察官ら4人が死亡した火災で、県警は8日、火元とみられる1階南側部分を重点に現場検証を実施した。関係者によると、建物全体の損傷が激しく、県警は9日以降も検証を継続し出火原因などを究明する方針。
 【関連記事】町長と静岡市長献花
 関係者によると、1階北側の扉は外れた状態で、南側の爆発により吹き飛ばされたとみられる。北側にある棚の鉄格子はむき出しの状態になっていた。黒く焦げてゆがんだ部分もあり、材料はパレットごと焼け落ちて床に溶けた状態などで見つかった。
 スポンジなどの既製品が保管されていた2階も、高く積まれていた商品が焼け崩れていた。天井付近の壁は崩れ落ちそうな状態で、焼損した天井からは雨が滴り落ちていた。
 現場検証は、総務省消防庁や静岡市消防局の火災調査専門職員らと連携して実施。「レック」責任者の立ち会いの下、焼け跡の状況を写真撮影しながら一つ一つ確かめた。
 火災で牧之原署の警察官の死亡が確認されたほか、静岡市消防局吉田消防署の消防隊員3人が行方不明になっている。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿