静岡新聞NEWS

沼津・女子大生刺殺 容疑者、アプリで執拗に連絡か

(2020/7/1 07:56)

 沼津市西浦久連の女子大学生(19)が自宅付近で刺殺された事件で、殺人容疑で送検された三島市壱町田の大学生の男(20)が、女子大学生が使用していたスマートフォンの無料通信アプリの連絡先を知っていたとみられることが30日、捜査関係者への取材で分かった。沼津署などは、容疑者が女子大学生に一方的に好意を抱き、執拗(しつよう)に連絡していた可能性があるとみて、容疑者のスマートフォンを押収し、通信履歴などの解析を進める。
 捜査関係者によると、容疑者は何らかの方法で女子大学生の無料通信アプリの連絡先を入手し、複数回にわたり一方的に連絡していたとみられる。容疑者はその後、女子大学生とアプリで連絡が取れなくなったことを逆恨みし、犯行に及んだ可能性もあるという。
 知人によると、2人は日本大国際関係学部(三島市)の2年生。容疑者は「気に入った女性にはものすごくアタックする」タイプだったという。
 また、県警は30日、女子大学生が今年1月に沼津署に寄せた相談について、見知らぬ人から複数回電話があり、自身の携帯電話番号が県東部の店舗内や会員制交流サイト(SNS)に書き込まれている-などの内容だったと明らかにした。その際、女子大学生は書き込んだ人物についての心当たりはないと説明し、署員から電話番号の変更など防犯指導を受けたという。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト