静岡新聞NEWS

静岡県議マスク大量出品 各会派から批判「考えられない」

(2020/3/8 08:15)

 新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが品薄状態の中、焼津市選出の諸田洋之県議(無所属)がインターネットオークションにマスクを大量出品していたことが明らかになり、県議会の各会派は7日、「考えられない」「感染拡大防止策を議論すべき時期なのに」と一斉に批判した。諸田氏は9日に記者会見を開くとしている。
 県議会は開会中の2月定例会で、感染拡大防止策を議論する各常任委員会での集中審査や特別委員会の設置を決めたばかりだった。
 自民改革会議の竹内良訓代表は「マスクが品薄になっている時期が時期なので、ありえないことだと驚いた。議会として一生懸命、コロナウイルス対策に取り組んでいる中で残念」と語り、諸田氏に対して「道義上の説明責任を果たすべき」と指摘した。
 ふじのくに県民クラブの阿部卓也会長は「法的には問題ないと考えられるが、道義的な問題だ。県議会全体の信用問題になり得る。感染拡大の苦しい状況だからこそ、県民の厳しい目が向けられている」と述べ、議会としての対応を検討する必要性に言及した。
 公明党県議団の蓮池章平代表も「法律上は問題がないとしても道義的に許されない。マスクがなくて困っている人がいる中で、とんでもない話だ」と非難した。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト