静岡新聞NEWS

袴田さん恩赦出願 4回目、再収監の阻止狙う

(2020/1/16 07:32)

 旧清水市(静岡市清水区)で1966年、一家4人を殺害したとして死刑が確定し、裁判のやり直しを求めている袴田巌さん(83)=浜松市中区=と姉の秀子さん(86)=同=が15日、刑の執行の免除を求め、政府の特別基準恩赦に出願した。常時恩赦を含めると出願は4回目。再収監の阻止が目的で、第2次再審請求は継続する。
 弁護団が静岡地検に願書を提出した。政府は昨年10月、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせ、特別恩赦基準を閣議決定。刑の執行の免除の基準は、懲役や禁錮、罰金刑を受けた人が対象で死刑は含んでいないが、弁護団は、確定死刑囚ながら釈放されている袴田さんを「仮釈放中の無期懲役囚に近似した状況。懲役に処された者に準ずる形で特別に扱える」などと捉え「解釈によって基準を満たせる」と判断した。
 弁護団は、特別基準恩赦が認められないとしても「特殊性を考慮し、常時の個別恩赦で救済すべき」と主張。県庁で記者会見した白山聖浩弁護士は「再収監を許さないよう、できる限りの手段を尽くしたい」と強調した。
 袴田さんは過去に3度恩赦を出願しているが、その結果はいずれも知らされていない。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト