静岡新聞NEWS

富士山救助にドローン 御殿場消防署が試験運用

(2019/11/7 08:28)
御殿場消防署に配備されたドローン。遭難者の捜索などに活用する=6日午後、御殿場市
御殿場消防署に配備されたドローン。遭難者の捜索などに活用する=6日午後、御殿場市

 御殿場市と同市・小山町広域行政組合消防本部はこのほど、富士山での山岳救助活動を小型無人機ドローンで支援するシステムを御殿場消防署に導入した。約1カ月間の試験運用。遭難者の位置特定や現場の状況把握が容易になり、救助時間の短縮が見込まれる。
 通信大手KDDIなどが開発したシステムを導入し、同署にモバイル通信可能なドローンを配備した。富士山御殿場口での遭難発生時に巡回飛行させ、上空で映像を撮影する。タブレット端末で映像を確認し、遭難者の発見や救助活動に役立てる。
 市とKDDIは2018年11月、先進技術を活用し地域活性化を図る包括連携協定を締結。同社は同年に御殿場口でシステムの実証実験を実施した。来年の登山シーズンの本格運用を目指している。
 富士山の登山道は現在、冬季閉鎖中。万全な準備をしない登山者の登山は禁止されている。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト