静岡新聞NEWS

【台風19号】伊豆の国、函南で被害突出 床上浸水452件

(2019/10/15 12:25)
浸水した住宅から物を出す住民ら=15日午前10時10分ごろ、伊豆の国市長崎
浸水した住宅から物を出す住民ら=15日午前10時10分ごろ、伊豆の国市長崎

 静岡県内に猛烈な風雨をもたらした台風19号の影響で、函南町の民家など2棟が土砂崩れで全壊したことが判明するなど、県内の広い範囲で大きな被害が出ていたことが15日までの県のまとめで新たに分かった。特に被害が大きかったのは伊豆の国市と函南町で、冠水による家屋の床上浸水は計452件。県は、牧之原市男神の田んぼにあった軽トラックの車内から遺体で発見された市内の70代男性について、台風19号が原因で水死したと確認した。同台風による死者は初めて。
 >写真特集 台風19号 静岡県内各地の爪痕
 御殿場市の用水路で行方不明になった40代男性は依然見つかっていない。伊東市では新たに2人が重傷を負ったことが分かり、けが人は計8人になった。
 家屋被害は伊豆の国市と函南町が突出して多く、県は両市町に災害救助法を適用することを決めた。住宅の応急修理などに自治体が経費を使った場合、国が負担する。また、熱海市と函南町の計1万世帯で断水が続いている。県内の停電は同日午前までに全て解消した。
 函南町の家屋被害はほかに一部損壊が25件、床下浸水が109件。伊豆の国市は一部損壊5件、床下浸水241件。焼津市や藤枝市でも床上浸水が計56件、床下浸水が計141件と多かった。県全体では全壊2件、一部損壊71件、床上浸水576件、床下浸水790件。
 静岡市によると、同市葵区玉川の6世帯10人が孤立しているとの情報もある。住民は無事という。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト