静岡新聞NEWS

伊豆、停電や断水続く 伊豆急、全線再開急ぐ 台風15号

(2019/9/9 21:35)
給水に訪れる市民ら=9日午後6時ごろ、伊東市八幡野
給水に訪れる市民ら=9日午後6時ごろ、伊東市八幡野
土砂崩れにより冠水した水田=9日午前9時20分、伊東市内(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から)
土砂崩れにより冠水した水田=9日午前9時20分、伊東市内(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から)

 台風15号による静岡県内の暴風雨は9日午前までに峠を越えたが、伊豆を中心に同日午後も停電被害や断水が解消されず、懸命の復旧作業が続いている。運転を見合わせていたJR伊東線は復旧した一方、倒木や土砂崩れが発生した伊豆急行線は終日運休。10日に一部区間で運転を再開すると発表したものの、全線復旧は同日夕にずれ込む見通し。
 東京電力によると、9日午後8時半時点の県内の停電は伊東市や南伊豆町などで1万7100軒。二次災害の危険性がある箇所を優先して作業を進め「10日の全面復旧を目指す」としている。
 断水は少なくとも7市町で発生。停電で水道ポンプが止まったり、土砂崩れで設備が壊れたりしたためとみられる。各自治体は給水車を派遣するなどの対応をしている。
 JR東日本によると、伊東線は同日午後7時20分ごろ、熱海―伊東間の全線で運転を再開。伊豆急は10日朝から伊東-河津間で再開し、河津-伊豆急下田間はバスによる代行輸送を行い「10日夕方の全線運転再開を目指す」としている。
 各地の消防によると、台風15号によるけが人は下田、熱海、伊東の3市で計7人。県は西伊豆町の小学校体育館で屋根の損壊が新たに分かったなどとして、住宅や公共施設の被害は21棟になったと発表した。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト