鈴与220周年で記念ロゴ 社員のモザイク画も発表

 鈴与グループは、鈴与創業220周年を記念し、グループで使用するロゴ・キャッチコピーと従業員の顔写真で制作したフォトモザイクアートを発表した。今後名刺や封筒、ウェブ会議用背景画像などさまざまな場面で使用していく。

鈴与グループ社員の顔写真で制作したフォトモザイクアート
鈴与グループ社員の顔写真で制作したフォトモザイクアート
社員から公募した鈴与グループ220周年のロゴ
社員から公募した鈴与グループ220周年のロゴ
鈴与グループ社員の顔写真で制作したフォトモザイクアート
社員から公募した鈴与グループ220周年のロゴ

 ロゴ・キャッチコピーはグループ従業員から公募し、ロゴ68作品、キャッチコピー74作品の中から社内審査を通過した各3作品について、グループ従業員の投票による最終選考を行った。ロゴは法被の形の背中部分に創業時に使用していた商標「やまさんよ」を描き、さらに成長を表す右上に向かってカーブを描く矢印を配置した。キャッチコピーは「つなごう、共に未来へ。」に決定した。
 フォトモザイクアートはブランドイメージのクジラと、経営理念の「共生(ともいき)」の文字が従業員2千人以上の顔写真で描かれている。同社によると、鈴与は1801年に清水港で回船問屋として創業した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ