追っかけわたしの特集

特集 : ものづくり最前線

鹿の角活用 ファイアスターター「AMENOKAKU」 りばるつ(島田市)【静岡ものづくり最前線】

 自然資源を有効活用したキャンプ用品を手掛ける。主な商品は燃料を使わずに火をおこす道具「ファイアスターター」。柄の部分には川根本町に生息する鹿の角を再利用した。古事記に登場する鹿の姿をした神の名称を参考に「AMENOKAKU(アメノカク)」と名付けた。

柄の部分に鹿の角を再利用したファイアスターター「AMENOKAKU」
柄の部分に鹿の角を再利用したファイアスターター「AMENOKAKU」

 諸田修一郎代表(38)は元々、自然資源を使ったものづくりに興味があったという。地元猟師から「鹿の角が廃棄されている」と耳にし、鹿の角を使った商品開発を志した。キャンプ場勤務の経験や知識を生かして今春に同社を設立した。
 ロッドと呼ばれる金属棒の部分を専用の器具でこすると火花が飛び、麻ひもやティッシュで着火させる。初心者でも簡単に火花が飛ぶように、太いロッドを利用した。猟師から買い取った角に工具で穴を開けて、ロッドをはめ込む。一つ一つ手作りで一点物。
 企業理念に「こいつらもいのちだもんで」を掲げる。諸田代表は「アウトドアだけでなく、デザイン性から置物としても利用可能。自然のぬくもりや命を大切に思う心を感じてもらえたら」と話す。
 同社のECサイトから購入できる。鹿の角に個体差があるため、価格は1万~1万2千円(税込み)。

 企業情報 島田市川根町家山916の2の1。2021年創業。従業員は3人。

いい茶0

ものづくり最前線の記事一覧

他の追っかけを読む