テーマ : この人

静岡人インタビュー「この人」 伊藤翠香さん 静岡県東部の魅力を写真と書で発信する

 書と静岡の風景写真を組み合わせた作品を写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿し、手書きの文字と県東部地域の魅力を伝えている。裾野市内で書道教室を主宰し、小中学生を中心に指導する。元小学校教諭。49歳。

伊藤翠香さん
伊藤翠香さん

 -どのような作品か。
 「田貫湖の逆さ富士と『明鏡止水』、三嶋大社のアジサイと仮名文字の『あじさい』など、県東部で撮影した写真に筆や筆ペンで手書きした文字を合成した。静岡はすてきな場所が多く、素材には困らない。風景を引き立てられるよう書き方も工夫している」
 -きっかけは。
 「自分の書を見てもらう機会を増やそうと2019年8月にインスタグラムを始めた。写真と文字を組み合わせて投稿すると反響が大きく、気軽に書に親しんでもらえることに魅力を感じた」
 -どんな反響があるか。
 「『優しい文字に癒やされる』『風景とマッチしている』など、投稿には多くのコメントをいただいている。県外の方には日々撮影している富士山の写真が喜ばれている」
 -手書きの魅力は。
 「文字にそれぞれの個性が表れるところ。表現の幅広さや感情が伝わることも魅力だと感じる。作品を通して、たくさんの人に手書きの楽しさを知ってもらいたい」
     ◇
 愛犬の散歩が楽しみ。

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む