自民・木内氏 コロナ対策妨害、自覚はあるか【静岡県議会代表質問要旨】

 川勝知事は女性差別的発言について何ら反省の姿勢を示さず、新東名の前倒し開通の発言はうそだと認めた。次期総合計画策定では計画の肥大化、冗長化を許している状況は承知しているのか。コロナ関連施策でも知事の行政手腕は評価できないどころか、知事に対して発言すれば、ゆがめられ、ねじ曲げられるリスクがある中、市町と信頼関係を築けないことが新型コロナ対策の足を引っ張っているのではないか。
 いつでも言葉を撤回できる知事の今回の実績から、知事の言葉では大井川の水は守れないことも明らかになった。先月可決した辞職勧告の決議は間違っていなかった。辞職するには時期が悪いと述べていたが、いつ辞職するのか。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ