改めて続投明言 川勝知事、自身の進退について【静岡県議会】

 川勝知事は自身の進退について、「県民に負担をかけることは避けねばならない」と早期の知事選をやるべきではないとして改めて続投を明言した。木内氏への答弁。
 県議会は先月24日の臨時会で、知事の辞職勧告決議案を賛成多数で可決した。木内氏は12月2日の定例記者会見で、知事が続投理由としてオミクロン株の広がりに県民が不安を持っていることを上げていたと指摘し、コロナ収束後の進退を問うた。
 川勝知事は「今、知事選をお願いすることはできないという認識でいる。負託を受けている期間は合計4年なので、この4年間にどうしても辞めた方がいいという事態が生じれば(辞める)。今はそうではないということだ」と述べた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ