追っかけわたしの特集

特集 : 熱海土石流災害

土石流 地域支援で感謝状 静岡県住宅公社、熱海の自動車教習所に

 7月に熱海市伊豆山で発生した大規模土石流で、地域住民を輸送支援したとして県住宅公社(矢野弘典理事長)はこのほど、同市の自動車教習所「マジオドライバーズスクール熱海校」に感謝状を贈った。

矢野理事長(左)から感謝状を受け取った小沢常務取締役(中央)=熱海市のマジオドライバーズスクール熱海校
矢野理事長(左)から感謝状を受け取った小沢常務取締役(中央)=熱海市のマジオドライバーズスクール熱海校

 同校は土石流災害で伊豆山周辺の公共交通機関が一部停止になったことを受け、現場近くの県営住宅「七尾団地」の住民を対象に、7月12~20日に支援バスを緊急運行した。高台にある団地から神奈川県のJR湯河原駅や商業施設を巡る路線を用意し、バスを1日7本運行して住民生活を支えた。同団地の大友勇会長は「(団地の)周りは急な坂道が多く、自動車運転免許を返納した高齢者もいた。交通手段を確保してもらい心が救われた」と振り返った。
 贈呈式で矢野理事長から感謝状を受け取った同校の小沢勉常務取締役は「地域貢献できてうれしい」と述べた。

いい茶0

熱海土石流災害の記事一覧

他の追っかけを読む