市の部優勝 浜松市北部 アンカー神野選手談話【静岡県市町駅伝】

 子どもから大人まで1本のたすきをつなぐことがこの大会の良さだと思う。希望を与えたいと思い走った。風が強く、前半から苦しい我慢の続くレースだったが、みんなが1位でたすきをつないでくれた。必ず優勝テープを切るという強い気持ちで走った。アンカーの良さは競技場で一気に歓声を浴びること。その瞬間を感じることができた。静岡はとてもいい環境で練習できている。練習環境を求めて浜松に来た。市民の応援をもらいながら、浜松から世界を目指したい。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ