テーマ : 熱海土石流災害

太田和子さん捜索「早く家族の元に」 熱海・伊豆山土石流

 熱海市伊豆山の大規模土石流の現場では3日、静岡県警が行方不明になっている太田和子さんの一斉捜索を実施した。太田さんと親しい住民は、祈る思いで活動を見守った。
 土石流で流された太田さんの自宅から数メートルの場所に住む松本早人さん(46)は発災当時、土石流が迫る中で太田さんの孫とその母親を必死に救助した。家の中にいた和子さんも助けようとしたが、間に合わなかった。「玄関を開けるたびに、あの時のことを思い出して悔しさがこみ上げてくる。せめて一日も早く家族の元に戻ってほしい」と願った。
 太田さんと幼なじみの滝野慶子さん(80)もこの5カ月間、発見を祈り続けてきた。自宅周辺から海まで捜索する県警の活動に感謝しつつ「家族は気持ちの整理が付かないはず。『早く出てきて』という思いが、必ず本人に伝わると信じている」と語った。

いい茶0

熱海土石流災害の記事一覧

他の追っかけを読む