テーマ : この人

静岡人インタビュー「この人」 三浦愛さん 焼津市の地域プロジェクトマネージャーに就任

 2017年10月、地域おこし協力隊員に就いたことを機に焼津市に移住した。協力隊時代に始めた釣り教室は現在も続けていて、子どもたちに海の魅力を伝えている。埼玉県川口市出身。34歳。

三浦愛さん
三浦愛さん

 ―就任の抱負は。
 「軸となる活動は二つ。一つは焼津内港の漁具倉庫をテレワーク拠点として整備するが、これを地域活性化のためにどう生かすかを考えたい。もう一つはワーケーションを盛り上げていきたい。利用者のニーズをしっかり聞いて、最終目標の移住につなげたい」
 ―移住したきっかけは。
 「釣具店で働いていた経験から海が好きだった。イタリアに留学して魚料理も学んだ。そうした経験を生かせる場所として焼津で働きたいと思い、協力隊に名乗りを上げた」
 ―焼津の魅力とは。
 「人々と海の距離が近いこと。自然がそのまま残っていて、毎朝海の状態を確認することが日課になっている。魚も安くて、どこで食べてもおいしい」
 ―釣り教室を通して伝えたいことは。
 「船に乗ったことも、さおを持ったこともない子どもたちが生きている魚に興奮する姿を見るとうれしい。捕った魚を食べることで生き物への感謝も学べる。焼津の海は大きな武器。その魅力をこれまで以上に伝えていきたい」
     ◇
 趣味は魚料理を作ること。
 (焼津支局・福田雄一)

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む