浜松の冬の食材使用「はなまる弁当第4弾」 12月1日発売

 浜松市の浜松パワーフード学会や聖隷福祉事業団保健事業部などは12月1日、中高年層の健康維持を目的とした減塩、低カロリーの弁当シリーズ第4弾「栄養はなまる弁当 冬の陣」を遠鉄ストア全33店舗で発売する。

季節の食材を採り入れた「栄養はなまる弁当 冬の陣」=浜松市役所
季節の食材を採り入れた「栄養はなまる弁当 冬の陣」=浜松市役所


 米やシラス、三ケ日みかんなど浜松産の14品目を含む季節の食材22品目を使い、栄養バランスに配慮した。塩分は一般的な弁当の半分以下の2・4グラム。同市浜北区の仕出し料理「竹泉」が製造する。メニューを監修した同事業部の管理栄養士池谷佳世さんは「焼きザケの塩味やサツマイモの甘さなどで薄味を感じさせない」と話す。
 弁当シリーズは加齢で心身機能が低下する「フレイル」の予防が狙い。3月以降、春、夏、秋の季節ごとに発売し、計4万食を突破する人気商品になっている。第4弾は来年2月末まで販売予定で、税込み645円。
 同学会などは第4弾発売に伴い、健康キャンペーンも展開。弁当に貼られたシールを専用の応募はがきに貼って送り、抽選で選ばれた40人は同学会の栄養講座に参加できる。
 (浜松総局・瀬畠義孝)

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ