静岡県議会「知事辞職勧告」可決 県政初 川勝氏「任期を全う」

 川勝平太知事が参院静岡選挙区補欠選挙の応援演説で御殿場市を「コシヒカリしかない」などとやゆしたかのような発言を巡り、県議会は24日の臨時会で、法的拘束力のない知事の辞職勧告決議案を県議会最大会派の自民改革会議と公明党県議団などの賛成多数で可決した。同決議案の可決は県政史上初めて。川勝知事は閉会後「猛省する」と受け止めた一方で、辞職せずに残りの任期を全うする考えを表明した。

県議会臨時会で、川勝平太知事に対する辞職勧告決議案の記名投票が行われた。知事は投票が終わるまで目を閉じていた=24日午後2時40分
県議会臨時会で、川勝平太知事に対する辞職勧告決議案の記名投票が行われた。知事は投票が終わるまで目を閉じていた=24日午後2時40分
県議会臨時会で行われた川勝平太知事に対する辞職勧告決議案の記名投票=24日午後2時40分
県議会臨時会で行われた川勝平太知事に対する辞職勧告決議案の記名投票=24日午後2時40分
県議会臨時会で行われた、川勝平太知事に対する辞職勧告決議案の記名投票。白票が賛成、青票が反対=24日午後2時39分、県議会
県議会臨時会で行われた、川勝平太知事に対する辞職勧告決議案の記名投票。白票が賛成、青票が反対=24日午後2時39分、県議会
県議会臨時会を終え、議場をあとにする川勝平太知事。自身の辞職勧告決議案が可決された=24日午後2時48分
県議会臨時会を終え、議場をあとにする川勝平太知事。自身の辞職勧告決議案が可決された=24日午後2時48分
県議会臨時会で、川勝平太知事に対する辞職勧告決議案の記名投票が行われた。知事は投票が終わるまで目を閉じていた=24日午後2時40分
県議会臨時会で行われた川勝平太知事に対する辞職勧告決議案の記名投票=24日午後2時40分
県議会臨時会で行われた、川勝平太知事に対する辞職勧告決議案の記名投票。白票が賛成、青票が反対=24日午後2時39分、県議会
県議会臨時会を終え、議場をあとにする川勝平太知事。自身の辞職勧告決議案が可決された=24日午後2時48分

 決議に関しては「極めて深刻に受け止めている」と述べ、12月1カ月分の給料と期末手当(ボーナス)を返上する意向を示した。
 自民会派は当初、出席議員の4分の3の賛成で知事に失職か県議会解散を迫る不信任決議案の提出を目指したが可決が見込めず、過半数で可決できる辞職勧告決議案に切り替えた。議長を除く出席議員66人のうち自民39人、公明5人に無所属3人を加えた計47人が賛成し、知事に近い第2会派ふじのくに県民クラブ17人と共産を含む無所属2人の計19人が反対した。
 賛成討論で自民改革会議の木内満政調会長は「4選後、一方的にノーサイドではないと宣言し、正常な県政運営を妨げてきた。県政運営を任せられない」と辞職を求める理由を訴え、公明党県議団の蓮池章平団長は「自分の言動が後にどのような事態を招くのか想定できなかったとすれば、危機管理能力に大きな疑問符を付けざるを得ない」と批判した。
 反対討論では、ふじのくに県民クラブの佐野愛子会長が「待ったなしの県政課題を数多く抱え、政治的空白を作るわけにはいかない」と主張した。
 可決後、宮沢正美議長が知事室を訪れ、川勝知事に辞職勧告決議の内容を直接伝えた。
 その後、取材に応じた川勝知事は勧告に従って辞職するかを記者から問われ「県民から負託された期間だ。全うするのが一番重要なことだ」と答えた。出直し知事選を実施しない理由についても「新型コロナウイルスの第6波が来るかもしれない」と説明した。
 選挙応援などの政務活動については「公人、県知事としてしか、これからは言動しない覚悟でいる」とした。

 <メモ>辞職勧告決議 議会の意思を対外的に表明する意味があるが「従わなければならないものではない」(全国都道府県議会議長会)とされる。地方自治法に規定され、可決した場合に知事に失職か県議会の解散を迫る不信任決議と異なり、同法に位置付けは明記されていない。問責決議や反省を求める決議など、議会の一般的な決議と法的効力は同じ。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ