沼津市のワクチン3回目接種 12月下旬受け付け 予約方法を改善

 沼津市は、新型コロナウイルスワクチンの一般市民を対象とした3回目接種の予約方法を改善する。対応者を増やすなど態勢を増強し、接種券を発送する12月下旬から予約を受け付ける。
 コールセンターは無料のフリーダイヤルに変更し、オペレーターを従来の20人から25人に増員する。地区センターをはじめ市内施設に予約代行窓口を設け、予約代行員を配置する。地区の人口に応じて代行員数を調整する。
 市によると、1、2回目接種時に、高齢者を中心に「電話がつながらない」「インターネット予約ができない」などの苦情が多数寄せられたという。市は医師会と課題の洗い出しを進め、先週まで一般市民の3回目接種開始時期と併せて詳細を詰めてきた。
 24日の定例記者会見で発表した頼重秀一市長は「国の動きなど情報をきちんと収集して応じたい」とした。

いい茶0
メールマガジンを受信する >