窃盗容疑で静岡市職員を逮捕 市役所で現金盗んだ疑い

 静岡市職員の30代の男が勤務先の静岡市役所静岡庁舎で現金を盗んでいた疑いが強まったとして、静岡中央署は24日、窃盗の疑いでこの男を逮捕した。同署は同日午前、市役所静岡庁舎や男の自宅を捜索し、関係資料を押収した。関係者への取材で分かった。

静岡市役所
静岡市役所

 関係者によると、職員の男は今年秋ごろ、静岡市役所静岡庁舎で、別の職員のデスク内から現金を盗んだ疑いが持たれている。現金の窃盗被害は複数回にわたるとみられる。関係者によると、容疑を否認している。
 静岡庁舎には24日午前5時ごろ、捜査員を乗せたとみられる車2台が地下駐車場に入り約30分間、庁舎内を捜索した。男性職員のデスクなど関係箇所を調べたとみられる。
 静岡市職員を巡っては、市役所井川支所の主任技師の男(26)が10月に愛知県東海市役所に忍び込み、手袋を盗んだとして起訴され、9月に東海市役所に侵入し職員14人の現金約28万円を盗んだ疑いで今月、愛知県警に再逮捕された。10月にはホームセンターで5月に万引したとして窃盗容疑で清水署に逮捕された固定資産税課の参事兼副主幹の男(61)が懲戒免職処分になった。

いい茶0
メールマガジンを受信する >