公明「少し残念」落胆の声【知事不信任見送り】

 静岡県議会最大会派の自民改革会議が知事不信任決議案の提出を断念したことを受け、不信任案に賛成する方針だった公明党関係者からは23日、取材に対し「少し残念だ」と落胆の声が上がった。
 党関係者は不信任案について「ハードルが高かった」と受け止め、自民が提出する方向で調整している辞職勧告決議案に関しては「県議会として知事に辞職を求める意思を明確に示せる」と期待感を示した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ