沼津で妻殺害の疑い 兵庫の男逮捕、自ら通報

 沼津市内の宿泊施設で妻を殺害したとして、沼津署は23日、殺人の疑いで、兵庫県尼崎市潮江1丁目、自称建築業の男(44)を逮捕した。
 逮捕容疑は同日早朝、沼津市内の宿泊施設で、妻の職業不詳女性(41)を殺害した疑い。
 同署によると、容疑者が同日午前7時過ぎに「妻を殺した」と110番し、駆け付けた警察官が心肺停止状態の女性を発見したという。女性は搬送先の病院で死亡が確認された。現場にいた容疑者を署に同行して事情を聴き、逮捕した。同署は動機や経緯を調べるとともに、死因の特定を進めている。
 現場は東名高速道沼津インターチェンジ付近のホテル街の一角。近隣にあるホテルの男性従業員(48)は「午前7時半ごろにパトカーが10台以上通ったので、何が起こったのかと思っていた。近くで事件が起きて怖い」と不安げに話した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >