テーマ : 福祉・介護

認知症患者と家族の支援学ぶ 浜松市西区でケアマネ講座

 介護保険施設などを運営する「脳リハビリネットワーク」(浜松市西区)はこのほど、地域のケアマネジャーを対象にした講座を同区の脳リハビリセンターで開いた。約25人が認知症患者と家族への支援の方法を学んだ。

認知症患者と家族への支援方法を伝えた講座=浜松市西区の脳リハビリセンター
認知症患者と家族への支援方法を伝えた講座=浜松市西区の脳リハビリセンター

 同区の「たまゆらメモリークリニック」で認知症患者の専門治療に当たる小粥正博院長が講師を務めた。小粥さんは「認知症の介護を考える」と題し、家族の介護では会話が指摘や小言に集中しがちになることや、理想の家族像に縛られてストレスを抱えてしまうなどの問題点を挙げた。
 その上で「家族と患者本人の気持ちに寄り添い、両者が幸せになる妥協点をケアマネジャーとして考えてほしい」と呼び掛けた。

いい茶0

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む