災害時にコインランドリー無料開放 長泉町と協定

 長泉町はこのほど、町内でコインランドリー2店舗を経営する大静テクノ(同町、白砂伸之社長)と、大規模災害発生時に町の要請に応じて洗濯乾燥機やライフラインを供給する協定を締結した。

災害時のコインランドリー無料開放に関する協定を結んだ白砂社長(左)と池田町長=長泉町役場
災害時のコインランドリー無料開放に関する協定を結んだ白砂社長(左)と池田町長=長泉町役場

 同社はLPガス用ボンベのくず化処理を行い、回収したLPガスを活用している。コインランドリー機器メーカーTOSEIと連携し、災害発生時に洗濯乾燥機のほか電気、ガス、飲料水などのライフラインを無料開放する「災害対策コインランドリー」として、町内で2店舗を運営している。
 白砂社長は町役場で開いた締結式で「LPガスは可搬性に優れた災害に強いエネルギー。特性を生かして地域貢献をしたい」とあいさつした。池田修町長は「東日本大震災では長期にわたり洗濯ができず困ったと聞いた。とてもありがたい」と謝意を述べた。

いい茶0
メールマガジンを受信する >